会社概要

正式名称 株式会社アペックス・インターナショナル
所在地 東京都台東区上野5丁目19番4号 美鈴ビル8階
TEL:03-5812-3053
FAX:03-5812-3054
資本金 50,000,000円
役 員 代表取締役 川島 利彦
取締役   柳 肇
加盟団体 関東ゴルフ会員権協同組合
関連会社 GOEN COMPANY LTD.(タイ)

業務内容

Aiゴルフ総研の運営~会員権資産保全コンサルティング~

    上場大手企業 法人保有会員権管理サービス

  •    財務部門:時価評価査定(4半期自動出力)
  • ゴルフ会員権格付評価査定

  •    総務部門:法人内記名者変更手続き代行
  •    秘書部門:保有接待ゴルフ場予約代行

ゴルフ場コンサルティング

  •    預託金対策コンサルティング
  •    サービス改善コンサルティング

アセアン事業(タイ現地法人GOEN CO.,LTD)

    日本伝統文化発信

  •    日本酒文化の革新プロジェクト(R3 project)
  •    焼酎文化輸出:熊本いも焼酎「蔵八」(くまモンイラストボトル)販売
  •    新世代日本酒「13℃」販売
       ※酒類卸販売免許、酒類小売販売免許取得
  • 日本大衆文化発信

  •    ラムネ文化輸出:オリジナル次郎ラムネの販売(ハタ鉱泉株式会社と業務提携)
  •    かき氷文化輸出:フワフワかき氷「氷は次郎。」の店舗運営

会社沿革

平成2年7月
(株)アペックス・インターナショナルを設立。資本金500万円
平成3年4月
三井物産(株)開発プロジェクト部と嘱託契約を締結
ホウライ(株)経営、三井物産(株)が総合監修する西那須野カントリー倶楽部の会員権販売業務を受託
平成3年9月
三井物産(株)開発プロジェクト部と那須国際カントリークラブの会員権募集に関する業務協力契約を締結
平成4年3月
三井物産(株)開発プロジェクト部とホウライ(株)と弊社の三社においてホウライカントリー倶楽部会員権取扱指定機関の業務委託契約締結
平成4年7月
資本金2000万円に増資
平成8年3月
三井物産(株)直営および監修ゴルフ場の経営改善コンサルティング業務受託
平成10年12月
食材の個人会員制通信販売「築地魚河岸やっちゃば倶楽部」の運営を開始
平成12年6月
資本金5000万円に増資
平成13年10月
那須国際カントリークラブの会員権取扱指定機関(譲渡・特例退会手続等)として木下物産(株)と業務委託契約締結
平成15年6月
丸紅サービス(株)と丸紅関連会社及び社員に対するゴルフ会員権売買取引業務に関し業務委託契約を締結
平成17年10月
「築地魚河岸やっちゃば倶楽部」の会員登録が7000世帯となる
平成18年3月
ゴルフ事業部と築地宅配事業部を(株)アペックス・インターナショナルと(株)築地魚河岸やっちゃば倶楽部に分社化
新会社(株)アペックス・インターナショナル(資本金5000万円)を設立しゴルフ事業部の業務を継承
A・L・C(アルク)と称した共通友の会のゴルフ場予約サービスを開始
関東約50コースと提携契約締結
平成20年3月
「AIゴルフ総研」の運営を開始
法人保有ゴルフ会員権管理サービスの開始
平成23年3月
AIゴルフ総研の法人加入数120社となる
平成26年2月
タイ現地法人GOENカンパニー設立
平成27年6月
タイ初となるラムネ(ハタ鉱泉製)の輸出入販売開始
平成28年4月
ホウライ(株)とホウライ・西那須野CC「賛同特別会員制度」入会手続き業務指定機関の業務委託契約締結
平成29年11月
GOEN(タイ現地法人)が出雲観光大使を委嘱
平成31年3月
日本酒「出雲八百万神」シリーズ輸出販売開始
平成31年3月
熊本いも焼酎「蔵八」(くまモンイラストボトル)輸出販売開始
令和2年10月
「海外向け新世代日本酒」のコンセプトを掲げ、「13℃」を飯沼本家、千葉県酒類販売(株)と共同で開発・商品化

※「13℃」はタイ、香港、マレーシアへの輸出実績、日本では関東圏における法人高級接待用コースのみ業務用として販売。
※「13℃」の飲めるゴルフ場:レイクウッドゴルフ倶楽部、東急700クラブ、東急500クラブ、カメリアヒルズカントリークラブ、 麻倉カントリークラブ、袖ヶ浦カンツリー倶楽部。

令和3年3月
「AIゴルフ総研」の法人加入数が250社となる